TOPページ > 医療関係者向けTOPページ > 教室紹介 >
創設

 昭和52年4月に東京大学より、池田和之教授、松田功助教授が赴任され浜松医科大学麻酔学講座を開講されました

 当初スタッフは松田助教授と二人だけで、大学病院は建築中であり、開院にむけて会議漬けの大変多忙な日々を過ごされたそうです

 浜松医科大学附属病院建築風景

 同年11月に附属病院が開院し、昭和53年2月17日に池田教授により最初の麻酔が64才イレウスの患者に施行され、本格的な手術室にての臨床がスタートし、同年4月には浜松医科大学1期生に対する臨床教育がスタートしました

 開院初期の麻酔風景

 麻酔医:松田助教授・池田教授
 看護師:初代婦長
 第一外科手術風景

 ペインクリニックとしての外来は昭和52年9月より診療を開始、第一例は肩の痛みを主訴とする女性に肩甲上神経ブロックを行いました

 ICUは、昭和55年5月からスタートいたしました。ICUが正式に開かれる前に、胃切除を受けられる予定の患者さんが喘息の重積発作を起こされました。急遽患者さんを収容してエーテル吸入を行い、救命しえた事がありましたが、この記念すべき場所は手術部リカバリールームの一角にスクリーンをめぐらせた急ごしらえのものでした

 昭和54年東京大学より大竹一栄講師が着任、また昭和55年には,はじめて浜松医科大学の一期卒業生が入局しました。昭和56年には東京大学より鈴木美佐子講師が着任し、その後も順調に2期生、3期生の新入医局員があり、医局の形態が整ってきました

 池田教授はいわば時代を先取りする形で5人のスタッフによるME部門を充実させました。ME部門は設立当初からめざましい活躍をとげ、麻酔と先進のテクノロジーの融合が、後のセボフルランの研究や、自動麻酔記録装置の開発、安全性の向上及び手術室の近代化に担った役割は計り知れません

日本に初めて導入された高次機能シュミレーター


発展

 なんと言っても浜松医科大学麻酔・蘇生科のあゆみはわが国におけるセボフルランのあゆみと言ってさしつかえは無いでしょう。今では、全身麻酔法のなかでも大きなシェアを占め、スタンダードとなったセボフルランには、昭和58年の動物実験開始段階から関わり、昭和60年にはわが国初のヒトへの臨床応用を本字附属病院にて成功させ、実用化に向けての数多くの論文を生み出してきました
。特に平成9年、平成10年と2年続けて本講座の論文がAnesthesiology誌のエディトリアルで取り上げられました


わが国における最初のセボフルラン麻酔

 池田教授は、42回麻酔科学会総会をはじめ、コンピューターテクノロジーの学会を多数開催されました

平成3年4月:第6回麻酔・集中治療コンピュータモニタ国際シンポジウム(浜松)主催
平成4年:第5回日本局所麻酔研究会(東京)主催
平成7年4月:第42回麻酔科学会総会(浜松)主催
平成9年11月:日本静脈麻酔Infusion Technology研究会(京都)主催
平成10年3月:第18回麻酔・集中治療コンピュータモニタ国際シンポジウム(浜松)主催
平成10年6月:老年麻酔研究会(浜松)主催




更なる発展へ

 池田和之教授退官後、1997年4月に2代目、佐藤重仁教授が筑波大学より赴任されました

 佐藤教授は着任後より、教室の近代化、特にそれまで中心であった臨床研究に加え、基礎研究の充実にも力を注がれ、着実な結果が出始めております

現在

 手術麻酔=当初320床でスタートした付属病院も現在614床と増床を重ね、手術件数も増加の一途です。現在、年間手術件数3500件超、心臓手術や難治性疾患などの高度な麻酔を行っています

 ペインクリニック=外来、入院にて先進高度な治療を行っております

 ICU=今では集中治療部として独立し、6床にて高度、最先端の治療を行っています。現在佐藤教授が集中治療部長を兼任しています。平成17年6月18日には、集中治療医学会の地方会を主催いたしました



 医局員=毎年5名前後の新入医局員があり確実に医局員数が増加しています。麻酔科蘇生科医局は、助手、非常勤医員、大学院生と学外在籍者の総数が100名近くに達しています

 関連病院=公立病院や私立の大病院を主として、静岡県下11病院、愛知県下1病院となっており、各病院での人員も増加しています。今後もますますの充実が期待されます

 研究・学術=現在フランスに1名、アメリカに1名留学しております。学会活動にも力を入れ、各種学会に数多くの発表をおこなっています

TOPページ > 医療関係者向けTOPページ > 教室紹介 >




© Department of Anesthesiology and Intensive Care, Hamamatsu University School of Medicine