●麻酔・蘇生学講座とは

 麻酔・蘇生学講座は、手術の麻酔は勿論の事、重症患者のケアを行う集中治療、様々な痛みを主訴とする疾患の治療などを行っている部門であり、急性期における気道、呼吸管理、循環管理、疼痛緩和などを得意としている


●臨床研修目標

 麻酔および蘇生における患者管理は生命に直接関係する医療行為であり、呼吸循環・代謝で代表される生理機能に対する理解と、薬理学的な知識の裏付けとに基づいた診断・治療が必要とされる。当科での臨床研修は患者様の生命維持に直結する知識・理論・技術を修得する事を目標として行われる


●具体的研修目標

POINT 1

個々の症例に対して、最適な麻酔管理を行える知識・技術を修得する


■麻酔前の患者の全身状態、予定される手術の侵襲を評価できる

■最適の麻酔法を選択でき、患者やその家族に解りやすく説明できる

麻酔科術前診察

■麻酔前投薬、輸液、経口摂取制限の指示ができる

■麻酔に用いる薬物の薬理作用を説明できる

■麻酔による各器官の生理学的変化を説明できる

■以下の麻酔手技を確実に実施できる

 静脈ライン確保  気道の確保

 用手人工呼吸
 気管挿管  胃管挿入
 膀胱カテーテル挿入

■上記に加え、習熟度に応じて以下の手技を研修する

 動脈ライン確保  中心静脈穿刺

■実際に麻酔管理を行い、術中におきる様々なバイタルサインの変化に対応する力を身につける

POINT 2

病院の内外を問わず、生命の危機に陥った患者を救命するため、心肺脳蘇生法を中心とした救急医学、プライマリケアの知識・技術を習得する


■心肺脳蘇生法の病態生理について説明できる

■心肺脳蘇生法に用いる薬物について説明できる

■中枢神経の保護法について説明できる

■状況に応じた心肺脳蘇生法を実施できる

■心肺脳蘇生法を一般市民に教授できる

POINT 3

生体監視法の理念を理解し、その使用法・評価法を習得する


■各種モニタを適応に応じて使用し評価できる

 麻酔器、モニター及び麻酔自動記録装置
 経食道心エコー


 浜松医科大学手術部には、多様かつ高度な疾患に対応できるよう最新のモニターが備わっています 

●その他

1. 研修医を対象とした具体的なカリキュラムおよび教育活動

■臨床研修では指導医がマンツーマンで指導する

 挿管後にチューブ位置の確認を行っている様子

■クルズスを行い知識を深める

■研修期間中に英文論文の抄読会を行う

2. 週間スケジュール

■月曜〜金曜  08:00〜08:30 麻酔前症例検討会 + 新着論文紹介(外国文献)

             毎朝交代で新着文献を紹介する

           8:30〜 麻酔管理、クルズスなどの研修を行う

■水曜 18:00〜20:00 

 症例検討会・・・麻酔管理上問題のあった症例を検討する

 リサーチカンファレンス・・・各々の医師が行っている研究の経過報告を行い広くディスカッションする

 上記定期行事の他、国内外から当科を訪れる先生方の講演を聴講する機会もある

3. 研修医の勤務時間

 原則として 8:00〜17:15 であるが、手術が延長した場合や緊急手術があれば勤務時間後も残って、研修の機会を増やすことができる


●研修の継続(麻酔科医師としての後期研修)

 初期研修終了後は、是非、麻酔・蘇生学講座の専門医研修プログラムに参加して研修を継続して下さい麻酔科医は’時計の短い内科医’と言われ、メリハリの効いた仕事ができます。新聞などでも見聞きされるように、手術中の患者さんの生命を守り、関連領域で活躍する麻酔科医は全国的、特に東海地方で少ないという残念な現状があります。あなたも当浜松医科大学麻酔・蘇生学講座で’求められる麻酔科医’になるための研修を積んでみませんか?

詳しくはこちらをクリックして下さい