Q&A

Q1.麻酔科向きの性格ってありますか?

A1.一般的に外科は豪快で頼りになるタイプ、内科は知的で物静かなタイプなどと言われている様です。麻酔科医は「手術室の内科」と言われていますので、外科よりは仕事が内科寄り、一般の内科よりはOPE室で常に患者さんの急激な変化に対応しているので、ちょっと外科寄りと言うのが答えになりそうです。しかし、仕事をしていく上で性格が変わる!などという事もありますし、上記の事は一般的な事ですので、当科には様々な性格の人がいます 


Q2.学閥はありますか?

A2.一昔前までは某大学にて、他大学出身だと、アルバイト先の給与が安いところしか行かせてもらえなかったり、研究させてもらえなかったり、ひどい場合ロッカーや靴箱まで差別されるという事を伝え聞いた事がありますが、当科に出身大学による差別はありません。医局員の約半数が大学出身者で、出身大学に関係なく、皆仲良く臨床・研究にいそしんでいます


Q3.麻酔科に入るとどんな研修ができるのですか?

A3.当麻酔科では大きく分けて、まず@手術室での手術麻酔、AICUでの重症患者全身管理Bペインクリニック外来にて痛みの治療、の3つを勉強する事になります。


Q4.麻酔科医の将来性ってどうなんですか?将来喰いっぱぐれる事って無いんですか?

A4.現状としまして、麻酔科医は全国的に人手が足りません。特に東海地区はその傾向が顕著です。したがって、将来的にメジャー各科の様に、医長クラスの年齢になった時にポストの奪い合いになるという心配はありません。


Q5.実際に麻酔科を見学してみたいのですが、どうすればいいのでしょうか?

A5.お気軽に、

リクルート担当(医局長:牧野 洋  )にご連絡ください。

ご希望にあわせて日程を調整させていただきます。なお、遠方の方には宿泊の用意もございます