TOPページ > 医療関係者向けTOPページ >

はじめに


 浜松医科大学麻酔・蘇生学講座へ、皆さまのお力を貸して下さい

 医療がますます細分化・専門化する現在、麻酔科医はまだまだ全国的に不足しています(特に東海地方で少ないという残念な現状があります)。あなたも当浜松医科大学麻酔・蘇生学講座で’求められる麻酔科医’になるための初期研修、後期研修を行ってみませんか?もちろん!麻酔科研修終了後の皆様のIターン・Uターン、他科からの転科も大歓迎です。下記リクルート担当までお気軽にご連絡下さい

 ご連絡先:

 浜松医大 麻酔・蘇生学講座 医局長・リクルート担当:牧野 洋 


学生・研修医 麻酔科見学随時受付中


 学生及び臨床研修医の皆さん、進路決定の一助とするため是非一度、浜松医科大学麻酔・蘇生学講座をご見学下さい。百聞は一見にしかずです。平日であればいつでもご見学いただけます

 学生の皆様には初期研修のコース選択アドバイス、初期研修医の皆様には、浜松医大麻酔科専攻医プログラムの紹介(麻酔科医としての育成方法・具体的勤務先・勤務条件など)をご説明させていただきます

 遠方の方には宿泊もご用意できます。お気軽にご相談ください。

 ご連絡先:

 浜松医大 麻酔・蘇生学講座 医局長:牧野 洋 


初期臨床研修医募集


 当科にて選択臨床研修を行う「臨床研修医」を募集いたしております。麻酔科での研修は、プライマリケアを短期間で効率よく学ぶことができるため、将来麻酔科以外の科に進みたい人にも必ず役に立ちます。

 はじめに 浜松医科大学臨床研修医募集ページ をご覧下さい

 そのうえで、麻酔・蘇生学講座 初期臨床研修プログラム をご覧下さい


浜松医大麻酔科での研修・勤務をお勧めする理由


理由その1:全国有数の専門医数とスタッフ数

 浜松医大麻酔科には38名のスタッフのうち、24名の麻酔科専門医が在籍しています(2016年6月現在)。この数字は全国でも上位に位置します。組織にとって人は力そのものです。手厚い教育体制や労働条件の良さは、人が少ない組織ではかなえられません。

理由その2:女性医師の活躍

 浜松医大麻酔科には14名の女性医師が在籍し、そのうち7名が当直免除や時短勤務を利用して子育て中です。女性医師が力を発揮できる環境を提供しています。

理由その3:医育機関としてのアカデミックな教育環境

 浜松医大麻酔科は、大学病院として豊富な教育・研究実績があります。また、基礎系研究講座との垣根が低く、共同研究が大変盛んな点も本学の特徴と言えます。現在、薬理学講座、メディカルフォトニクス研究センター、生理学講座、脳外科学講座との共同研究が進行しています。また、大学院進学・学位取得が可能なのも大学病院ならではの魅力の一つです。

理由その4:多彩な施設認定

 浜松医大麻酔科は、現在、日本麻酔科学会麻酔指導病院、日本ペインクリニック学会認定病院、日本集中治療医学会専門医研修施設、心臓血管麻酔専門医認定施設となっています。サブスペシャリティーを目指すうえで、認定施設で研修することは必須条件です。ぜひ浜松医大でサブスペシャリティー研修をしてみませんか?

理由その5:豊富な関連病院

 浜松医大麻酔科は静岡県中西部に豊富な関連病院を有しています。詳しくは関連病院ページをご覧ください。しかし、静岡県は人口当たりの麻酔科医師数が少なく、医師派遣の要請がぞくぞくと寄せられています。

理由その6:コンスタントに研修参加者が増えている

 浜松医大麻酔科専攻医(後期研修)プログラムへの新規参加者は、平成27年度5名、平成28年度8名でした。当科のプログラムが支持を受けている証拠ともいえます。

理由その7:温暖な気候風土

 静岡県の温暖さ、気候の良さは改めて説明するまでもありません。特に浜松市は全国有数の日照時間をほこります。雪もほとんど降りません。詳しくはこのページ下段をご覧ください。


当教室の概要


 当教室の詳しい概要につきましては、教室紹介をご覧下さい


研修後の進路


 初期研修研終了後に麻酔科専攻医(後期研修)プログラムへのご希望される方は、麻酔科専攻医(後期研修)プログラムをご覧下さい

 経験のある麻酔科医の先生が中途入局される場合、進路は教授及び医局長との応談となります

関連病院:詳細につきましては関連病院紹介ページをご覧下さい。東海地方は人口に比較して麻酔科医師の数が少なく、医師派遣の要請が多数舞い込んでいますが、全く応じきれていないのが現状です。将来的にもポストが埋まってしまって大きな有名病院の病院の医長やスタッフになれない!などという事はありえないと考えられます


留学:中島教授は医局員をどんどん留学させたい意向を持っています。現在は国内留学1名ですが、来年度からアメリカに1名が長期留学を予定しています。また毎年数名ずつコンスタントに短期留学に出かけています。詳しい留学の様子はこちらをご覧下さい

開業:麻酔科医の特技である痛みの治療を活かし数多くの先輩がペインクリニック科で開業しています


コラム


 
今麻酔科医が足りない!(特に中部地方)


よくある質問 Q&A


 皆様からよせられる質問のうち、頻度の高い物を掲載いたしました。こちらをご覧下さい


静岡・浜松・東三河の気候風土


 浜松医大麻酔・蘇生学講座の関連病院が主に集まる地域は豊かな歴史と自然に恵まれています。気候は温暖で、冬でも平均気温は6度前後、雪もほとんど降りません。交通も至便です。浜松は東京と大阪のほぼ真ん中に位置し、新幹線を利用すれば東京、大阪まで1時間半でアクセスできます。また、中部国際空港セントレア、富士山静岡空港も至近で、国内各地・世界へのアクセスも容易です

 日本のほぼ中心、富士山もある静岡県 
 浜松城、若き日の徳川家康公ゆかりの城

 有名な三方ヶ原の戦いでは、家康公はこの城から打って出ましたが、武田信玄に壊滅的な敗退を喫し、命からがらこの城に逃げ帰りました。また、家康は温暖なこの地に隠居所を構えました。名古屋・東京に雪が降っても静岡には降りません
 商売繁盛の神様として全国に知られる豊川稲荷
 愛知県、伊良湖岬から浜名湖まで、緑の防潮林と砂浜がほぼまっすぐのびる海岸線を「片浜十三里」と呼びます。雄大な白い直線の砂浜がどこまでも続くように見える海岸線はとても美しく、釣りポイントでもあり、サーフィンのメッカでもあります
 ワールドカップも開催されたウインドサーフィンの御前崎、スキューバダイビングのメッカ伊豆なども近く、マリンスポーツのフィールドには事欠きません
 浜松市の人口は平成17年7月の合併で80万人となりました。静岡市は70万人です

 静岡県の人口は現在379万人、東三河地区には76万人の人々が暮らしています。これは、北陸三県をあわせた人口よりも多くなります。これだけ多くの人口と地域の麻酔医療を支えるには、まだまだ多くの力が必要です。
 ぜひ、貴方のお力を貸して下さい。


その他


 その他のお問い合わせは下記へ

 
〒431-3192 浜松市半田山1丁目20番1号 TEL:053-435-2286 FAX:053-434-1812
   
  浜松医科大学麻酔・蘇生科 医局長: 牧野 洋
 



TOPページ > 医療関係者向けTOPページ >
© Department of Anesthesiology and Intensive Care, Hamamatsu University School of Medicine