おそらく麻酔科医ほど麻酔器をはじめ様々な医療器械のお世話になっている科は他に無いでしょう

史跡というほど古くはありませんが、昔から数多くの医療器械会社の本社及び創業地が集まる地、本郷・湯島界隈を訪ねました

 御茶ノ水の駅を降りると目の前におなじみの東京医科歯科大学と順天堂医院がそびえています

 今回訪れる本郷・湯島界隈はこの両病院と、東大の間に広がっています
 近代的な順天堂医院の横を東大方面に進むと
 今回の探訪の目的地本郷・湯島界隈があります

 写真の用に古くからの医療機器店が密集しています
 国産の麻酔器で有名なアコマ医科工業の本社があります

 今回この界隈を訪れたのは土曜日だったため、多くの会社がお休みで残念ながらシャッターが閉まっている写真ばかりになってしまいました
 アコマより一本湯島よりの通りに、シリンジなどでおなじみのTOPのビルがあり
 TOPビルの中に日本麻酔学会も入居していました
 TOPビルの角を湯島方面に曲がって少し行くと五十嵐医科工業がありました

 とにかくこの界隈は医療関係の会社や問屋さんが多く、500近くの医療関係会社が本郷3丁目・湯島2丁目界隈に密集しています
 このような小さな個人経営と思われる会社も数多くありました

 医学書院、南江堂などの医学関連出版社なども数多くありました

 とにかく右も左も医療関係の会社で日本の中でもかなり特殊で面白い地域なので、近くに用事がある際にはぜひ一度覗いてみる事をおすすめします
 もう少し歩くと麻酔器でおなじみの泉工医科工業(MERA)がありました

 この他にもフクダ電子やムラコメディカルなど麻酔科におなじみの会社がたくさん店をかまえていました
 もう少し歩いて少し御茶ノ水方面に戻ると、麻酔器でおなじみの木村医科器械があります

 今回は特別にお願いして本社を見学させていただき、貴重な写真を数多く撮らせていただきました。ありがとうございました

撮らせていただいた写真は麻酔博物館に大量アップしておきましたのでどうぞご覧ください