TOPページ > 医療関係者向けTOPページ > 麻酔博物館TOP > 常設展示室 >


■麻酔器、麻酔ワークステーション

 人工呼吸器に麻酔ガスを供給するための気化器が一体になったもの。最近の機器ではバイタルサインを監視する様々なモニターやネットワークで情報をやり取りするための通信機器、麻酔中のバイタルサインを自動で記録するための装置などが搭載されている



ACOMA


アコマ医科工業株式会社
創業:1921年1月
創業者:安藤 駒太郎

URL: http://www.acoma.com/
PV型

昭和37年製造

acoma 最初の麻酔器
PV型

同左

-写真提供:アコマ医科工業
Acoma 全身麻酔器 RH 2型
アコマ無痛分娩装置 S-1型

-写真提供:アコマ医科工業
アコマ無痛分娩麻酔装置 S-2 型

-昭和44年製造

-写真提供:acoma 医科工業
アコマ無痛分娩麻酔装置 S-2 型

同左


-写真提供:アコマ医科工業
アコマ歯科用笑気吸入沈静器 HW-1

-写真提供:アコマ医科工業
FO-10

麻酔器の主要部分をとりはずして、ポータブルとすることができる

-写真提供:アコマ医科工業
FO-10

-写真提供:acoma 医科工業

同左
FO-10

同上


-写真提供:アコマ医科工業
FO-20

-写真提供:アコマ医科工業
TS-6

-写真提供:acoma 医科工業
HF 3000
AR-2000

-写真提供:acoma 医科工業
CT-5

カッパーケトルと、フローセン用のアコマティックがついている

酸素が流れなくなった時、自動的に笑気のとまる安全装置がある
CK-70 with Patient Monitoring System

-写真提供:アコマ医科工業
全身麻酔装置 D−2S

外形寸法:123(H)×41(W)×65.5(D)cm
重量:約26Kg
アネスピレーター KMAー1300

-写真提供:アコマ医科工業
アネスピレーター KMAー1300 モニター付き

-写真提供:アコマ医科工業
小動物用全身麻酔器

-写真提供:アコマ医科工業
PAシリーズ

天吊り式


-写真提供:アコマ医科工業
FK 小児用麻酔回路

新生児から15Kgまで対応

キャニスター容量300ml

25.5(H)×23.5(W)×18.5(D)cm, 3Kg
FO-20S

115.5(H)×40(W)×51.5(D)cm, 34Kg(本体:12Kg, スタンド22Kg)
D-5F

135(H)×54(W)×58(D)cm, 50Kg

-写真提供:アコマ医科工業
D-3F

外形寸法:133.5(H)×54(W)×57.5(D)cm
重量:約58Kg
D-3FU

-写真提供:アコマ医科工業
PH-2F

外形寸法:135(H)×57.5(W)×66.5(D)cm
重量:約73Kg
ANESTHESIA APARATUS MODEL PH-3F

外形寸法:135(H)×57.5(W)×66.5(D)cm
重量:約66Kg

酸素モニターの入力方式がマニュアル

-ベンチレーター ARF-900U搭載モデル
PH-3FU
ANESTHESIA APARATUS MODEL PH-5FU

148(H)×69(W)×65(D)cm, 80Kg(ブロックタイプ)

-ベンチレーター ACE-3000 搭載モデル
ANESTHESIA APARATUS MODEL PH-5PA

79(H)×68(W)×39(D)cm, 40Kg

-天吊り式
CT-7F

外形寸法:135.5(H)×70(W)×67.5(D)cm
重量:約81kg

酸素モニターの入力方式がマニュアル

-写真提供:アコマ医科工業
CT-7FU

148.5(H)×69(W)×69(D)cm, 84Kg(ブロックタイプ)

-写真提供:アコマ医科工業
アネスピレーター KMAー1300FU

143.5(H)×73.5(W)×62.5(D)cm, 120Kg(ブロックタイプ)
アネスピレーターKMA-1300US

-写真提供:アコマ医科工業
COMBI-508

日本コーリン(株)とのコラボレートモデル

BP508を標準搭載


-写真提供:アコマ医科工業
KMA-1300V

マイコン制御式ベンチレーター

142(H)×70.5(W)×74(D)cm, 150Kg

-写真提供:アコマ医科工業
AF-1200

142(H)×60(W)×58(D)cm, 150Kg

-写真提供:アコマ医科工業
ACM-10

148.5(H)×62.5(W)×78.5(D)cm, 160Kg

電子制御式気化器

麻酔薬ボトルは本体にワンタッチ接続

ベンチレータ/一回換気量: 200-1,000ml
PRO 55
BLANDA-STD

-ベンチレーター ACOMA8500 搭載モデル

-日本臨床麻酔学会22回大会展示品
BLANDA-INJ

-ベンチレーター ACOMA8500 搭載モデル

-日本臨床麻酔学会22回大会展示品
アネスピレーター KMA-1300V

70×78×130(WDH)cm

約130s

呼吸モード:VCV, PCV, VC-SIMV, PC-SIMV

キャニスタ内臓

選べる8色
アネスピレーター KMA-1300V 裏
アネスピレーター KMA-1300V 気化器

ボトルインタイプの電子制御式気化器
Pro Next +S

懸垂式ベローズ、VCV、PCV、PSV
Pro Next +S 操作部
Pro Next +S 裏    



AGA Medical Division
MDNF-23

取り扱い:三共物産
UV 705



Aika
ハイドブリンク型

S27年頃
1500

キャニスターの容量は1Lで回路内ウィックタイプの気化器を備えている
1500
5000型
5500

流量計はリブロタメーターで、米国ブルック社のパイレックス製長尺タイプ
5500型
エリート80D
6000エリートS型麻酔器
Popular 77
Custom 50
Neo Custom 90
不明

名前をご存知の方は教えて下さい

コンピューター付き。かなり大きかった
AM200

モニタ:NEC Vioview 4000 搭載
 AM200N

 W1116×D640×H1455mm, 127kg
 AM 210 

 W1116×D640×H1455mm, 160kg
 AM 210

 拡大写真
 INTEGRATE Z-1

 モニタを内臓し自動記録可能

 W1100×D643×H1455mm, 223kg
 PM600N

 W870×D650×H1410mm, 85kg
AM9000
 CP90
 SAFER 100

 W870×D550×H1430mm, 49kg
 AD4000

 モニタ:NEC Vioview 4000 搭載
 AD4000

 W710×D760×H1490mm, 178kg
 AD5000

 パルスオキシメータ内臓

 流量表示デジタル化

 気化器3台標準装備

 カニスタがワンタッチで左右に移動

 W710×D760×H1490mm, 約195kg



Airmed



アムコ


URL: http://www.amco.co.jp/
AS-8

酸素ガス濃度は30%以下にならない

酸素圧力が2.5kg/cm2以下に低下すると警告音を発し笑気ガス供給を停止する

インターロック機構により気化器の同時使用を防ぐ



Anes
UM-700

-日本臨床麻酔学会22回大会展示品



BEIJING AEROSPACE CHANGFENG CO.,LTD MEDICAL DEVICES BRANCH

URL: http://www.acfgroup.com/



BLEASE MEDICAL EQUIPMENT

URL: http://www.blease.com/
ブリーズ 5050型
NORTHWICK PARK ANESTHETIC TROLLEY

-Ventilator: Manley

-NAP-2型:麻酔器+陽平圧人工呼吸器
-NAN-2型:麻酔器+陽陰圧人工呼吸器

-流量計(4本ローター):O2, N2O, C3H6, CO2
Frontline 560

-Ventilator: 8200S

-Vapolizer: DATUM
Frontline 560

-中華人民共和国にて撮影
Frontline Focus
Frontline Sirius

6700 Ventilator
Frontline Sirius

8700 Ventilator



BOC (British Oxygen Company), Medishield
NITROUS OXIDE-OXYGEN-ETHER OUTFITS
 ボイル麻酔器1型

 1917年、エドモンド・G・ボイルの要請で、ゴースミー麻酔器の欠点の数々を克服して開発された

 サイトフィードメーターを採用して定量の概念に基づく麻酔器として開発された

 スピリットランプを用い笑気ガスの気化潜熱による回路の凍結を防いだ

 安定したガスを送るよう初めて麻酔器に圧力調整弁を採用
 ボイル麻酔器2型

 1930年

 静電気帯電防止のためアース線を設け揮発性麻酔剤に安全性を加えた

 Unit Construction System を開発し、気化器等アクセサリーの任意組み込みを可能とした

 大量のエーテルを気化させるために気化器にウォータージャケットを儲け、これに湯を入れて使用した

 マギル呼吸回路を開発 
 ボイル麻酔器3型

 1933年

 乾式流量計(コックスターボビン)を採用

 笑気にアダムス圧力調整器、酸素にエンデュラス圧力調整器を採用し、圧力の安定とガス供給の保全を図った

 高圧側ガス補給回路のチューブを色別し、ガスの取り違いを防止

 高圧側のチューブの連結に径の異なるローマッククリップを開発し不注意によるチューブの脱落を防いだ
 ボイル麻酔器4型(EMS)

 1941年

 回路内エーテル気化器を組み込んだCoxe-ter-Mushin Mark1サークルアブゾーバーを開発し、閉鎖循環麻酔器として完成する

 流量計にロタメーター使用

 緊急酸素ボタン装備
 ボイル麻酔器5型(H)

 1958年

 日本でも多くの施設で使用された

 トライレン用インターロックユニットを装備

 MarkUサークルアブゾーバー開発
ボイル麻酔器5型(H)
 ボイル麻酔器6型(K・L)

 1965年

 全面ステンレス

 MarkVサークルアブゾーバー開発(連続20時間使用可能)

 陽陰圧自動呼吸装置を開発
 ボイル7型麻酔器(M・N)

 1970年

 生体情報監視モニタの併用を行なうために世界で始めてトップトレイを採用

 相次ぐ麻酔剤の開発に対応すべく3つの気化器が組み込み可能

 N型にはパイピング専用回路が装備
ミニボイル基本型1号

流量計:ボビン式長尺流量計、計測範囲(酸素100-8,000cc、笑気100-12,000cc)

流量計や気化器にバックプレッシャーがかからないように逆止弁が装着され、回路内に患者さんの肺胞への異常加圧を防ぐために安全弁が装備されている
ミニボイルA型

ミニボイル本体+アブゾーバー用ブラケット+ボイルMk3アブゾーバー
ミニボイルB型

ミニボイルA型+フローテックMk2
ミニボイルC型
ミニボイルE型

ミニボイルC型+フローテックMk2
ミニボイルデラックス型

ミニボイルE型+陽陰圧自動呼吸装置
キングボイル

-承認、不明。承認ではなく、JISによる輸入許可が取得されている
キングボイルNo11

アクセサリー等によりNo1-No14までの組み合わせがある
BOC INTERNATIONAL
BOC センターネスト麻酔器
BOYLE INTERNATIONAL

-承認、不明。承認ではなく、JISによる輸入許可が取得されている

-CAPNOMAC ULTIMA 搭載

-実験用機

-浜松医科大学麻酔・蘇生学教室  実験室
BOYLE INTERNATIONAL

-colin BP508 typeS 搭載

-bear Av500 搭載
CHEMETORON

-Ventilator: Fluidor 2000
天釣り式、カスタム製品

Manley Servovent MS 搭載


ベンチレーターの動画
BOYLE INTERNATIONAL U

-承認、不明。承認ではなく、JISによる輸入許可が取得されている

-IMI製 ANESTHESIA VENTILATOR AV500 © 搭載
BOYLE 2000

-承認、不明。承認ではなく、JISによる輸入許可が取得されている

-ventilator: ohmeda AV7700


-Absorber: Mark 5
New Compact

-ventilator: ohmeda AV7700

-Absorber: Mark 5



Cardinal Medical Specialties, Inc.
OBA-1

-ASA 2002 Annual Meeting 展示品



Dameca

Copenhagen, Denmark
URL: http://www.dameca.com/com/index.htm
名称不明

-Ventilator MCM 801
10735 Anesthesia Machine

-Ventilator: MCM 801
10750 Anesthesia Machine

-Ventilator: MCM 801
10590 Anesthesia Machine

-Ventilator: MCM 590

-Monitor: MGM 590
10940 Anesthesia Machine

-Compact version of 10950
10915 Wall Anesthesia Machine
10970 Anesthesia Machine

-Ventilator: MCM 970
Daisy Whispa

IBS-Integrated Breathinng System

日本代理店:IMI
コンパクトにまとまった操作系

酸素フラッシュボタンも凝ったデザイン



Datascope

URL: http://www.datascope.com/
anestar

-ASA 2002 Annual Meeting 展示品

-日本未発売

-最近は珍しい吊り下げベローズ

-写真提供:上農先生



Datex-Engstrom
Anesthesia Delivery Unit (S/3 ADU)

-1998.3.23 承認

-HP製モニタ Viridia 搭載、
-自動麻酔記録装置 VocaarU 搭載
-患者情報ネットワークシステム Ramscan 搭載
-BISモニター搭載

-浜松医科大学 手術部
S/5 Anesthesia Delivery Unit (S/5 ADU)

-2001.2.9 承認


-ASA 2002 Annual Meeting 展示品



Datex-Ohmeda


URL: http://www.datex-ohmeda.com/
Aestiva 3000

-1998.10.13 承認

-HP製モニタ Viridia 搭載、
-自動麻酔記録装置 VocaarU 搭載
-患者情報ネットワークシステム Ramscan  搭載
-BISモニター搭載

-浜松医科大学 手術部
 Aestiva 3000

 グラスゴーにて撮影

 フローメーターノブの位置等が異なっている(日本は向かって空気・笑気・酸素、こちらの機械は向かって酸素・笑気・空気)
 Aestiva/5 7100

 高さ136×奥行83×幅75cm
 Aestiva/5 裏  Aestiva/5 右   Aestiva/5 左
Aespire

-ASA 2002 Annual Meeting 展示品



Dräger


1889年ドイツ、リューベック市に誕生
世界初の酸素呼吸器を開発

ドレーゲルジャパンURL:http://www.draeger.com/MT/internet/JP/jp/index.jsp
ロス・ドレーゲル

1902年、リューベックの医師オット・ロスとの協同開発により、ハインリッヒ・ドレーゲルとベルナルド・ドレーゲルは、クロロホルムを、ドロップフィールド・デバイスにより正確にコントロールする世界初の麻酔器を開発
ロス・ドレーゲル

同左

撮影許可:Dräger GMBH

撮影場所:Dräger Forum, Lübeck
The 240 N double apparatus

1903年

Collection Dräger
Model 1910

1910年

撮影許可:Dräger GMBH

撮影場所:Dräger Forum, Lübeck
Model A

1924年、二酸化炭素吸収剤を含む再呼吸回路を世界で初めて装備した麻酔器。ガスには酸素・亜酸化窒素・エーテルが使用された
Agrippa
Octavian

1960年

Tidal volume/ minute volume 計測可能なVolumeter搭載
Octavian

同左
ロムルス型麻酔器

1952年
ロムルス型麻酔器

同左
No Photo チベリウス型
Spiromat 5000
ナルコースピロマット 650型

-ボリュームリミット・タイムサイクル方式電動人工呼吸装置

-調節呼吸、補助呼吸可能

-一回換気量20ccより
ナルコースピロマット 650型

同左
名称不明

-ポータブル麻酔器
Romulus 19
 Romulus 800W

 アナログカプノメーター搭載
 Romulus 800W

 拡大写真
 Romulus 800W
AV-1
Sulla 808V
Sulla 909
SA2
Remus A
Remus A 裏 Remus A 右 Remus A 左
PhysioFlex

-コンピューター制御閉鎖循環式麻酔器、日本未認可

-デモ機


-浜松医科大学 手術部
Cato

-HP製モニタ Viridia 搭載、
-自動麻酔記録装置 Vocaar 搭載
-患者情報ネットワークシステム Ramscan 搭載

-BISモニター搭載

-浜松医科大学 手術部
Cicero
Cicero EM

グラスゴーにて撮影
NARCOMED GS
 NARCOMED GS 裏   NARCOMED GS 右  NARCOMED GS 左
Fabius

 駆動ガス不要のピストンベンチレーター装備
 julian   Julian

 裏側
Julian Plus

トゥールーズにて撮影
 Fabius GS

 ASA 2002 Annual Meeting 展示品

 ピストン式ベンチレーター(電子駆動・制御)

 ガス流量電子測定デジタル表示

 コンパクト呼吸回路COSY装備
 Fabius GS 裏  Fabius GS 右
 Fabius Tiro

 コンパクトサイズ

Magnitude MS

-日本未発売

-ASA 2002 Annual Meeting 展示品
Narcomed 6400

-ASA 2002 Annual Meeting 展示品

-日本未発売

-写真提供:上農先生
Primus

天吊

トゥールーズにて撮影
Primus

グラスゴーにて撮影
Zeus

2002年

コンピューター制御による定量的静脈及び吸入麻酔のための"Anesthesia-Cockpit".

タッチパネルにてモニタリング、患者データ管理、麻酔器の全ての操作が可能

補助及び調節呼吸可能なタービンベンチレータ(小児から成人まで対応)

Closed loop feedback-controlled dosage system DIVA for all volatiles (triple reservoir concept).



Engström
engström 300 麻酔ユニット
エングストローム・エルサ

-1989.1.20 承認

セボフルレン標準装備

完全閉鎖式による低流量麻酔可能
 eas 9010

 閉鎖循環式麻酔器

 輸入元:佐多商会
 販売元:東機貿

 停電に備えるバッテリーバックアップ搭載

 低流量麻酔を基本とする為、電子制御気化器の精度を大幅アップ

 インターフェイス内臓により様々なバイタルサインモニターに接続可能
 eas 9010 操作パネル上部
 eas 9010 後方から見た所

 浜松医大手術部所蔵
 eas 9010 操作パネル下部
 eas 9010付属:患者専用カセット

 組立、手入れ、滅菌が可能
 eas 9010付属:気化器用コネクター



Forreger
ウォターズ型

-流量計はロタメーター5基

-エーテル気化器としてカッパーケトルを備える

-炭酸ガス吸収部はモリスの循環吸収装置
AQUAMETER型

同左
AQUAMETER

左の物のメーター部拡大
NYU 型 NYU型

同左
Foggerの1952年頃のモデル

左右の気化器はエーテルとハロタンで、銅製のケトルが使用されている

写真提供: エモリー大学 小川覚先生
アイフェルタワー型麻酔器 アイフェルタワー型麻酔器

同左
 フォレトレンド100型

日本では昭和30年頃活躍した

気化器を連結できる

フラッシュ回路と気化回路は分離されている
   左側    右側
1930年代のForegger Texus model

酸素、笑気、エーテル、シクロプロパンに加えて、CO2とヘリウムを装備。ヘリウムは鎮痛効果、 覚醒時に呼吸を促す目的でCO2を備えていたと考えられる

写真提供: エモリー大学 小川覚先生
テキサス5R型

S30年
テキサス型

S34年
フォレガー閉鎖循環式全身麻酔器 テキサス6RF
 



GE Healthcare

http://japan.gehealthcare.com/cwcjapan/static/cardiology/anesthesia/index.html
Aisys

フルデジタル麻酔器

PCV-VGベンチレータモード

電子制御による気化器

麻酔ガス使用量の表示
Aespire



Heyer

URL: http://www.heyer-anesthesia.de/
Dogma
Access
Narcomat

吊り下げ式ベローズ。PCV SIMV などを備える

-中華人民共和国にて撮影
MODULAR N
BAHNERU



H. G. EAST & COMPANY LIMITED
THE EAST-FREEMAN VENTILATOR MkUAnesthetic Table Top
EAST-RADCLIFFE MODEL C. A. P.



Hoek Loos, Medical group

Schiedam, Holland
Dormodule 500

-For standing cylinders
Dormodule 500

-For hanging cylinders
Hoek Loos anesthetic apparatus Series 600



市河思誠堂

後に株式会社アイカとなる
市河思誠堂ガス麻酔器

-諸外国製品の長所をとって作られたもの

-流量計に Rotameter 使用

-エーテル専用の酸素流量計がある

-笑気、酸素、サイクロプロパンがつけられる
アイカ閉鎖循環式麻酔器(新3型)



五十嵐医科工業

1923年「五十嵐武夫商店」として創業、1957年より国内の麻酔器メーカーとして麻酔器を製造・発売
V型全身麻酔器

流量計:フロータメーター採用

キャニスタ:総プラスチック製、容量950cc

気化器:灯芯式

全国で2,000台以上売れた
V・B型全身麻酔器

V型麻酔器をテーブルトップモデルにしたもの

フラッシュバルブ装備

キャニスタ:総プラスチック製、容量950cc

気化器:灯芯式(ロスドレーゲル式)
V・B型全身麻酔器

W50×D53×H112cm、44kg
V・Bカッパーケトル型全身麻酔器

V・B型にカッパーケトルを装備したもので機能的にも性能もC・RV型と変わりない

気化器:灯芯式とカッパーケトルを併設し、どちらも自由に選択できる

テーブルトップはちょっと贅沢に5mm厚ステンレスにしたのでV・B型全身麻酔器より遥かに豪華
C・RU型全身麻酔器

V型麻酔器ヘッド部をウィッツマン型キャビネット(テーブルパネルはステンレス板)に設置した型

本格的三ガス麻酔器
C・RV型全身麻酔器

C・RU型にカッパーケトルを装備

三ガス(四基型)フロータメーター流量計を装備
MANASTAF. O. A 型無痛分娩麻酔器

無痛分娩を目的としたガス麻酔器は、陣痛に合わせ瞬間的なハイフローを必要とする。本器は予め流量計を目的流量にセットして置き、陣痛時の時プッシュボタンを押すだけで迅速確実に目的ガス%と流量が得られる

日本では始めての傾斜型ボールフローメーター搭載

■サーキットコントロール:ボタンを押すだけでON, OFF, FLUSHの切り替えができる

附属として新生児蘇生台もセットしてある
V. P. D. 型無痛分娩麻酔器

マナースタッフO. Aと同様に使用できる小型器

フローメーターは直立三基型
AUNT STORK 型無痛分娩麻酔器

傾斜型ボール流量計を採用

無痛分娩時のミニマムトータルフローは30L。笑気70%のMIXGASを供給するとき、まずノブをABSORBERに合わせて流量計を操作し、笑気21L,酸素9LにセットしてからノブをPAINLESSの方へ合わせると準備OKで、麻酔器からのマスクを患者に与えておき、陣痛が始まったら患者が任意に呼吸し、陣痛が去ると口からマスクを外す

ユニバーサルアブゾーバーを設置してあり、気化器もガスアウトレットに取り付けてあるため、ノブの切り替えだけで、無痛分娩と一般全身麻酔と両方ができる

■ストークバルブ:マスクを口にあて吸う時だけミックスガスを供給し、口から話すと(吐く時)ガスはシャットになるバルブで、しかも圧調整不要

メタリックブルー塗装
ニューウィッツマン麻酔器

サーキットコントロールバルブ:ベポライズ回路のON-OFFバルブで、大型にしてメカニズムも改善。FLUSH後つまみを離すと自動的にOFFに帰る

エーテルでもフローセンでも使用できる角型新カッパーケトル

アブゾーバー:容量2,000cc

ボンベプレッシャーメーター採用
ニューウィッツマン麻酔器
ニューウィッツマン型全身麻酔器”ダブルカッパー”

左フローセン、右エーテル

キャビネットはオールステンレス。引き出し三段の一番上には鍵がかかる

ヨークカップリング(ボンベ懸吊用アダプター):向かって左に酸素用2ヶ、右側手前にサイクロプロペン、奥に笑気の4本のボンベが懸吊される。各ボンベの懸吊はボンベ用クッションゴムの色分けで間違いの無いようにしている。酸素(グリーン)、笑気(ブルー)、サイクロプロペン(クッション無し)

パイピング用ガスインレット装備


ロングスケール・フロータメーター:六基型、300mm
カッパーケトルレス 新キャビネット型 全身麻酔器 BULOC型

2段階安全機構を標準装備

W90×D65×H130cm、63kg


ブロックサーキットシステム:流量計から出たガスは気化器へとつながり、気化器から出たガスはセットホルダー右柱の導入口を経てテーブルボックス内に入りフロントパネルの左側ガスアウトレットへ出てきてアブゾーバー回路へ入る
BULOC
カッパーケトルレス 新キャビネット型 全身麻酔器 KAUFFMAN型

ニューサーキットシステム:サーキットコントロールバルブを使用せず、テーブルボックス下面前側に流量計からのミックスガス出口を設置、気化器のガスインレットに直接導入、流量計ガス出口近くの側に併設してあるガス再入口へ前記気化器のガスアウトレットから出たガスを今一度ボックスへ取り入れ、テーブルフロントのガスアウトレットからアブゾーバー回路に送られるシステムになっている
カッパーケトルレス 新キャビネット型 全身麻酔器 EIGER型

アルプスの高峰アイガーを彷彿とさせるデザインから命名

アイガーサーキットシステム:テーブルトップに流量計からのミックスガス出口あり。フローテックまたはペンテックを通した後のガス再入口を設置。今一度ボックス内を通ってフロントパネルのガスアウトレットからアブゾーバー回路へ送られる方式で、エーテル気化器はウィック方式でアブゾーバーに併設
カッパーケトルレス 新キャビネット型 全身麻酔器 D. RU型

アイガー型のスタンダード版で傾斜型ボールフローメーターを持つ

アイガーサーキットシステム採用

アブゾーバー:容量1,500cc

フラッシュバルブ付き
マナースタッフ型全身麻酔器”ラウンドテーブル”

サーキットコントロール:プッシュボタン3キーシステムにより、ボタンを押すだけでエーテル回路をON・OFFコントロールできFLUSHボタンも付いている

流量計・アブゾーバー:ウィッツマンと同一

セントラルパイピングからガス導入できる
ポータブル型全身麻酔器

1962年完成

サーキットコントロールバルブはウィッツマン型を使用

キャニスタ用量950cc

フローメータ三基型
ポータブル型全身麻酔器(台車つき)

VB型麻酔テーブルと同じもの
フローセン専用 ポータブル型全身麻酔器

気化器は自由に脱着交換ができる
ポータブルA-A麻酔器
K-1 小動物麻酔器

H120×W37×D35cm、25kg
V・BマークU麻酔器

W45×D48×H117cm、55kg
V・BマークU麻酔器オプション付
LAND麻酔器

W71×D57×H123cm、62kg
LAND麻酔器オプション付
CAPITAL麻酔器

W73×D52×H122cm
Portable750

本体重量16.3kg
Portable 750 オプション仕様器



IMI


アイ・エム・アイ株式会社
医療機器専門商社、INTERNATIONAL MEDICAL INTELLIGENCE


URL: http://www.mmjp.or.jp/IMI/
 ニューコンパクト

 -写真提供:鹿児島県グレースホーム様


 カタログはこちら
Vip-100

-実験用機
Vip-200

-Ventilator: Bear AV500
Vip-202

-Ventilator: Bear AV500
Vip-300

-Ventilator: Bear AV500
Vip-320k

-Ventilator: Bear AV500

-Absorber: コンパクトD型
Vip-1000

-日本臨床麻酔学会22回大会展示品



J. H. EMERSON COMPANY

MASSACHUSETTS, U. S. A.
HOPKINS-EMERSON Anesthesia Ventilator

-Provides full ventilatory exchange

-Keeps CO2 normal without any absorbent

-Maintains high humidity and controlled temparature



木村医科器械


昭和40年4月東京都墨田区にて創立
昭和50年東京都文京区湯島に移転
2010年9月31日をもって事業停止
K350P
compact 18
compact 22
fancy 80m fancy 80ma

-動物用
Siesta 21
KF-300

-ベンチレーターはAV500
KMR2000
KF-5000V  KF-5000V
KF-6000V

-日本臨床麻酔学会22回大会展示品



MacKesson
携帯型歯科麻酔装置

1935年以前のもの
Mackesson ガス麻酔器

-ガスの流出は間歇的であって吸気時には患者の呼気の割合と深さによってガスが出されるが、呼気時にはガスは自動的に止る

-ダイアルをまわす事によって、笑気と酸素の割合を調節する事ができる
プレクサラー麻酔器



Medical Development

Melbourne, Australia
可搬式麻酔・人工呼吸装置

-メルボルンの麻酔技師ダビッド・コメサロフ氏設計



Megamed
Megamed 700
Mivolan



MERA


泉工医科工業株式会社
創業:昭和25年5月24日

日本最初の麻酔器を作った会社
URL: http://www.mera.co.jp/
記念すべき国産第一号閉鎖循環式麻酔器

昭和24年東京大学第二外科、林 周一博士の指導により作成された
MERA 普及型

昭和26年ごろ、国産1号機を基に普及機として実用的な機能を備えた

減量弁つき流量計、灯心型エーテル気化器、呼吸器弁つきチムニーピース、単胴式キャニスタ、ボンベ架台、消毒盤つき
同左
MERA D5型
MERA 双胴式麻酔器 MERA 全身麻酔器(双胴式230型)
ナルコス800

気化器は加熱型で、フローセンは自動的に25℃に調節される。流量計のあいだにある濃度計算尺により希望する濃度に調節できる

酸素が止まると笑気は自動的に止まる
メラノブス型麻酔器

軽く、キャニスターはディスポである
MD-3000

-ジェットベンチレーター装備
MD−303

-ベンチレーター ADV/1000 搭載
MD-703
MD 800
MD-753AKV

-日本臨床麻酔学会22回大会展示品
MD-757XLV

-日本臨床麻酔学会22回大会展示品



ムラコ・メディカル
ドルフ-500
MA-300
MA-110

ポータブルな麻酔器
woody

-第36回 日本ペインクリニック学会 展示品
MA-V7

小動物専用麻酔器



North American Dräger
NARCOMED

麻酔用AVベンチレーター
駆動方式:ボリュームプリセット、タイムサイクル
駆動:ガス圧(約2.8-4.2Kg/cm2)
1回換気量:250-1,750ml
呼吸回数:10-30回/分
I:E比:1:2
NARCOMED
NARCOM

AVベンチレーター組み込み可能

本体:124(H)×86(W)×43(D)cm,

テーブルトップ:32×30cm
ナルコメド・サブ・コンパクト
NARCOMED 2A NARCOMED 2A 背面
NARCOMED 2B
 NARCOMED 2C   NARCOMED 2C 背面
 DATAGRIPTM  DATAGRIPTM と手
NARCOMED 3 マルチスペック narcomed 3 multispec
Narcomed 4



Ohio Chemical


オメダの前身
1924年 歯科医師Heidbrinkが開発したohioの麻酔器

エーテル、笑気、酸素を同時に使った比較的初期のモデルと思われる

写真提供: エモリー大学 小川覚先生
303

3車輪式台車のあるトラック型

気化器:サイクロプロペン

酸素の6,000Lのボンベと、笑気の30kgボンベが載せてあった

呼吸を促進させたり、覚醒を早める目的で炭酸ガスボンベがセットされていた
携帯スタンドモデル

1950年代にUS Armyの依頼でOhioが作成した

閉鎖式回路。酸素、笑気、エーテル。酸素フラッシュに加え、笑気フラッシュボタンを装備

写真提供: エモリー大学 小川覚先生
不明
Heidbrink
Heidbrink 正式名称不明(Cabinet 型と書いてあった)

-炭酸ガス吸入装置の部分は箱の中に入るようになっている
Heidbrink 閉鎖循環式麻酔器 Cabinet 1333

取り扱い:アメリカンコマーシャル
Heidbrink 閉鎖循環式全身麻酔器 シリーズ500
Heidbrink 3000型

S34年輸入
Heidbrink バーニトロール
3333型
Model 4333
No photo ユニトロール アネスセシア マシン

-1968.9.25 承認
kinet-o-meter
DM 5000

加熱型気化器で、電源に接続すれば気化器内温度は23.9℃に保たれる


-1969.7.21 日本承認
DM 5000
30/70 Proportionar

-Ventilator: Ohio V5

-1979.9.6 承認


ベンチレーターの動画
30/70
Ohio Modulus

-Ventilator: Ohio V5

-1981.5.25 承認
Ohio Modulus Wing

-Ventilator: Ohio V5
No photo 7000 エレクトロニクス アネシージア ベンチレーター

-1984.3.2 承認



Ohmeda

Ohmedaは、BOC Health Careの医療機器部門であるMedishieldと、Ohio Medical Productsの名称を統合したもの
Modulus U

-ベンチレーター Ohmeda7000 搭載
No photo Modulus U ワイドポット全身麻酔器

-1988.3.28 承認
No photo Modulus U プラス 全身麻酔器

-1989.6.15 承認
 Excel 110 全身麻酔装置 

 幅520×高さ1665×奥行810mm 

 重量91kg
 Exel 110
 Exel 210 

 幅625×高さ1665×奥行810mm 

 重量99.5kg
 Exel 210 MRI

 対重量比99%1非磁性体
 EXEL

 グラスゴーにて撮影

 ソーダライムが赤い
Excel 210 SE

-1996.9.19 承認

-HP製モニタ Viridia 搭載、
-自動麻酔記録装置 VocaarU 搭載
-患者情報ネットワークシステム Ramscan  搭載
-BISモニター搭載

-浜松医科大学 手術部
Modulus CD

-HP製モニタ Viridia 搭載、
-自動麻酔記録装置 VocaarU 搭載
-患者情報ネットワークシステム Ramscan  搭載
-BISモニター搭載

-浜松医科大学 手術部
No photo Modulus CD-CV 全身麻酔装置



Penlon
EMO麻酔器
EMO麻酔器

写真提供:橋本悟先生
EMO麻酔器が収められていた箱

第二次世界大戦の戦場で用いられ、飛行機からの投下にも耐えられる様、堅牢に作られていた


写真提供:橋本悟先生
SM Anesthesia Apparatus
不明
IM 500 ナフィールド200ベンチレーターモデル IM 500 オックスフォードベンチレーターモデル
 AM1000
Prima-SP

-ASA 2002 Annual Meeting 展示品
Prima-SP 101



SACCAB

Milano
The Continental



Sanborn


サンボーン麻酔器

1939

ソーダライムがCO2を吸収
サンボーン麻酔器(同左)の上部



Simens

Simens in Japan URL: http://www.siemens.co.jp/
Servo Cart 170

-Ventilator: Servo Ventilator 900C
Servo Cart

トゥールーズにて撮影
麻酔用ベンチレーター V710 システム

-Ventilator V-710
全身麻酔器 kion

-取り扱い:FUKUDA DENSHI URL: http://www.fukuda.co.jp/



真興交易

SHINKO 25麻酔システム



Taema

http://www.taema.com
Felix
Alys 2000
CLARYS 2000



建部青洲堂
タテベ3瓦斯全身麻酔器小型



TRIMED

London, England
Europa
Compact



その他
モートン・エーテル麻酔器レプリカ

エーテル麻酔の発見者モートンが使っていた麻酔器のレプリカ
エーテル麻酔器

-ヨーロッパ麻酔学会展示品
オンブレダン麻酔器

150ml のエーテルを染み込ませるスポンジの入る中空の、直径112mmの金属製球の中心に、直径19mmの回転するコントロールチューブがあり、穴と穴との出会いでエーテルの濃度が調節できるようになっており、調節器には0-8のメモりつき指針がついている。バッグは患者の呼気の再呼吸用である
Chloroform apparatus of Clover
正式名称不明

Clover により用いられた

ボンベの笑気がエーテルチャンバーの中に送られる

酸素は加えられなかった

1980年
MAYER & MELTZER と書いてあった

ボンベの中の笑気とエーテルを混ぜ、患者に投与できた

1982年
Maximilian Neu's anesthetic machine with rotameters

酸素と笑気はバッグの中で混ぜ合わされてから患者に投与された

1910年
Nitrous oxide-oxygen-ether anesthesia apparatus

1912年
Jackson anesthesia machine

1915年
Closed-circle anesthesia machine

キャニスターの中にはソーダライム(calcium oxide : sodium hydroxide =1: 1)がつまっていた

1930年
Connell anesthetometer cabinet model 

ニューヨークの外科医で麻酔器の製造も行っていたDr. Karl Connell (1878?1941)が1930年代に開発


写真提供: エモリー大学 小川覚先生
不明
DIEFEEL

SOXIL 社製 麻酔人工呼吸器
名称不明
E & J 麻酔器

気化器はネブライザー型式

緊急時に野戦においても、真っ暗な場所においても使用しやすいように流量調節ノブにそれぞれ異なった形の加工がしてある
名称不明

-後ろにガスのボンベを二つ搭載できるようになっています
乳児用インファントサークル
Keighley
Anesthetic Equipment

と書いてあった
Sleep's tree

と書いてあった
flog22
Cut-away teaching model

Emory大学で講義に使用されていた


写真提供: エモリー大学 小川覚先生
麻酔導入室の壁掛け式麻酔器

グラスゴーにて撮影
TOPページ > 医療関係者向けTOPページ > 麻酔博物館TOP > 常設展示室 >


[戻る]