<%counterid="pain"%>
 
NEWS

はじめに

 このページでは慢性の痛みなどでお悩みの方に、当科で行っている痛みの治療(ペインクリニック)について紹介します

 浜松医科大学は開設当初より痛みに悩む患者様の力になりたいと考えペインクリニックの治療を行ってきました

 痛みは身体の異常の警告として重要なものですが、痛みが慢性的に残ってしまった場合、患者様の健やかな生活を脅かすものとなってしまう事があります。そういった有害な痛みを積極的に取り除く治療を行うのが私達ペインクリニック科医師の仕事です。 麻酔科蘇生科ペインクリニック外来では、痛みの元になる病気の診断をし、神経の異常興奮伝導の一時的遮断法である神経ブロック法という特殊療法を中心に治療を行います

 当科では、帯状疱疹後神経痛や加齢による頸椎症、脊柱管狭窄症、各種関節痛、三叉神経痛、慢性頭痛、偏頭痛、腰下肢痛、癌性疼痛の各種急性、慢性疼痛性疾患の疼痛治療を行います。神経ブロック法は必ずしも痛みの治療だけに有効なのではなく痛み以外の顔面神経麻痺や突発性難聴、手掌顔面多汗、赤面症などの交感神経緊張症の治療、 バージャー病などの末梢循環障害の治療などにも有効です

 神経ブロック法で最も多く用いられる薬剤は局所麻酔薬です。この薬は数時間作用してその後体の外に完全に排出されます。この短時間作用の局所麻酔薬を用いてブロックを行い悪循環に陥っている疼痛反射路を遮断することによって痛みが軽減します。また、難治性腰痛に対するエピドラスコピー、Raczカテーテル、難治性疼痛に対する硬膜外電気刺激法などの先進治療も行っています  
 
 
  診療担当者(2017年1月1日より)
 
診察担当 五十嵐 寛 加藤 孝澄 中島 芳樹 鈴木 興太 谷口 美づき
処置担当 植田 広 御室 総一郎 鈴木 祐二 御室 総一郎 大橋 雅彦
 
 
診療科長
中島 芳樹(なかじま よしき)

 浜松医科大学麻酔・蘇生学講座 教授
 日本麻酔科学会指導医
担当医一覧 
加藤 孝澄(かとう たかすみ)

 浜松医科大学麻酔・蘇生学講座 准教授
 日本麻酔科学会指導医
五十嵐 寛(いがらし ひろし)

 浜松医科大学臨床医学教育学講座 特任准教授
 日本ペインクリニック学会専門医
 日本麻酔科学会指導医
谷口 美づき(たにぐち みづき)

 浜松医科大学麻酔・蘇生学講座 助教
 日本麻酔科学会専門医


当科の診療の特徴

グループ診療

 当ペインクリニック外来においては、認定医資格を持つベテラン医師の指導下に診断・治療が行われ、定期的に行われる症例検討会にて患者様の現状・治療方針について集団討議しています

検査

 大学病院の特性を生かし、先進高度な画像診断装置・特殊診断装置を用い精度良く行っています

治療

 患者様へ十分な説明を行い、一般的な治療を行うか、又は高度先進的な治療を行うかを決定していきます。

 漢方を含めた薬物療法に、各種神経ブロック、理学療法などを組み合わせた集学的な治療を行っています

診療時間

 月曜日から金曜日の9:00〜12:00、症状が重い患者様には入院体制も整っています

担当医師

 初診担当1名、再診担当1名にて診療しています。曜日別の担当者は上記の通りですが、学会等の都合により、変更となる場合がございます


交通のご案内

浜松医科大学医学部附属病院交通案内ページをご覧下さい



治療対象(こんな症状ありませんか?詳しい内容については病名をクリックして下さい)

1.帯状疱疹 (たいじょうほうしん)

  皮膚に赤い’ぶつぶつ’や水ぶくれができとても痛い。中高年〜高齢者に多い

2.
腰痛 (ようつう)

3.
四十肩、五十肩 (しじゅうかた、ごじゅうかた)

  腕を上げるといたむ、肩が痛い

4.
三叉神経痛 (さんさしんけいつう)

  顔が痛い、歯医者さんで「歯は悪くない」と言われたのに歯が痛い

5.
眼瞼、顔面けいれん (がんけん、がんめんけいれん)

  眼の周りや、顔面がぴくぴくと動く、けいれんする

6.
斜頚 (しゃけい)

  首や顔の一部が傾いた状態のままになる。痛い

7.
顔面神経麻痺 (がんめんしんけいまひ)

  顔の一部が動かない、顔がゆがんでいる

8.
下肢痛・下肢血流障害 (かしけつりゅうしょうがい)

  足が痛くて長く歩けない、足がとても冷たい

9.頭痛

10.癌性疼痛

   癌の痛みを和らげます。緩和医療チームと密な連絡を取り、治療に当たっています



                  
外来の様子です
 超音波診断装置を用いた神経ブロック治療の様子
最新の機器を用いた光線治療の様子



詳しいお問い合わせは 浜松医科大学附属病院 麻酔・蘇生科外来まで