凍てつく新春のある朝

 ’ドゥラぱんだ’は北の某駅より旅に出ました
 北見で無事乗り換えられて良かったっしょ!’ドゥラぱんだ’さん

 好物のガラナで一服ですね
 今回’ドゥラぱんだ’さんが利用したのは北見ー池田を結ぶ

 ちほく高原鉄道ーふるさと銀河線
 朝焼けを見ながらガラナ?
 そうこうしているうちに、訓子府の駅へ
 周囲には北海道ならではの雄大な風景が広がります
 岡女堂 、、愛冠 、、北光社 、、大誉地 、、勇足 、、

 ’ドゥラぱんだ’さん一行は’銀河線ゲーム’に夢中です

 でも素人にはちょっと難しそうですね
 置戸駅で一両を切り離しました

 折り返し北見行きになるそうです
 列車はだんだん山の中へ

 雪を巻き上げながら、霧氷に被われた静寂の林の中を走っていきます
 小さな駅をいくつも過ぎると
 鈴木元議員、松山千春さんでおなじみの足寄駅へ

 急に「千春の家」が見たくなったから降りたい」と言ってもだめですよ’ドゥラぱんだ’さん
 ここからは雄大な十勝平野を駆け抜けます

 果てしない大空と 広い大地のその中でいつの日か 幸せを 自分の腕でつかむよう(松山千春 作詞/作曲)

 そんな詩が心の中に響きますよね’ドゥラぱんだ’さん
 北見から3時間ちょっとで終点池田へ

 ’ドゥラぱんだ’さん大満足の小旅行でした
 あれ!

 ’ドゥラぱんだ’さん。池田で乗り換えてどこかへ行くんですか?

 本当に旅好きですね


 次の旅へつづく


[戻る]