GW が間近となるこの季節、浜松医大のある浜松市は町全体が祭りの高揚感に包まれます。お祭り大好きな’ドゥラぱんだ’の上司’ぱんだ教授’が浜松祭りの様子を皆様にご紹介いたします

■由来

 浜松まつりの凧揚げの起源は、今からおよそ430年前の永禄年間(1558〜1569)、引馬城主飯尾豊前守の長子義廣公の誕生祝に当時の入野村の住人、佐橋甚五郎の発案によって、義廣公の御名を大凧に記して城中高く揚げたのが、その始まりであると言い伝えられています。その後、寺社仏閣の祭りとしてではなく市民の祭りとして発展してきました

■会期

平成15年5月3〜5日

■会場

凧揚げ(昼間):中田島、凧揚げ会場(市内よりバスが多数出ます)

御殿屋台引き回し(夜):浜松市街中心部

■イベント

凧揚げ

凧揚げといってもただの凧ではなく、人間の体より大きな凧が大空を舞います

 初凧・凧合戦が本格化したのは、明治20年頃からです

 長男が生まれたら、その子の成長を願って凧を揚げる初凧の風習は、遠州地方に広がりました

 嫁の里から凧が贈られ、贈られた家では、糸や用具を整え、それを近所の若者が揚げました。初家は、酒と肴と柏餅を振る舞ったそうです

激練(げきねり)

特有なラッパの音に合わせ、オイショ!オイショ!との威勢の良い掛け声をかける人々の群れが駆け抜けます

 見ていて思わず熱くなります

御殿屋台引き回し

 夜になると御殿づくりの豪華な屋台70台余りとお囃子がまばゆいばかりに不夜城となり現われます。これら屋台に大迫力の激練が加わり、浜松まつり「祭典絵巻」はクライマックスを迎えます

 各町それぞれに非常に豪華な屋台を持っています

 宮大工によって作られた屋台はまさに美術品そのもので非常に美しい物です

 今年のお祭りの様子はこれから’ぱんだ教授’がレポートしてくれますよ

 浜松祭りにそなえて練りの練習だ!

 そ〜れっ!ピッピ!ピッピ!
 なんだなんだそのへっぴり腰は!そんな練りじゃ恥ずかしくて祭りには出れないぞ!
 教授!なんですかその格好は?えらい力の入りようですね
 ばかもの!これが祭りの正装じゃ!

 よーし今からわしが練りの稽古をつけてやる。医局員は全員集合じゃ!
 ちょっと待て!君たちはまず、浜松祭りの事がぜんぜんわかってないだろう。私の住んでる寺脇町の浜松祭りの様子を話してあげるからよく聞きなさい


糸目つけ

 3月吉日、快晴です。寺組の男達の祭りはもう始まっています

 この日は凧の糸目付けの日です。牛尾神社に奉納してあった凧を運び出し、各初子宅に運び、糸目が付けられます
 神事を思わせる厳粛な雰囲気の中で糸目付けが整然と行われます
 この糸目の良し悪しで凧がうまく揚がるかどうかが決まってしまいます。皆真剣です
 出来上がった凧の前で、初子さんとご両親。はい、チーズ!

会所開き

 4月20日、寺脇町凧揚げ会の会所が開かれました

 小学校6年生を中心にして結成された子供ラッパ隊とお囃子のお披露目です
 祭りのために2ヶ月以上練習してきました。 この日から祭りの終わる5月6日未明まで、会所が開かれています

陣屋設営

 4月29日、陣屋設営

 祭りの3日間、ここが凧揚げ会場の寺脇町凧揚げ会の本部になります
 狭い場所を有効活用するため、テントの上にも足場を組みます。凧の応急修理などに使われます

祭り本番

 今日上げる予定の初凧です。寺脇町の寺の字と、初子さんの名前を乗せて大空高く舞い上がりますように!
 寺組子供連が凧揚げ会場に到着しました。子供ラッパ隊が陣屋に挨拶に行きます
 巨大な凧が大空に数多く舞う姿は壮観です
 子供連が凧糸を引かせてもらっています。浜松の貴重な祭り文化が、次の世代に引き継がれて行きます
 今年の寺脇町の凧ももちろん大空高く舞い上がりました

屋台

 夕暮れ、子供たちが引く寺脇町の屋台が会所を出発しました
 6年生の女子は、この日のために2ヶ月以上の間、お囃子の練習をしてきました。今日が晴れ舞台です
 子供連も練ります

初練り

 夜も更け、今度は寺組の登場です

 昼間の凧の疲れも何のその、気合を入れ直し初練りに向かいます
 初子様宅に訪れ、初練りを行います。「ヤイショ!」の掛け声とラッパの音色が祭りの夜を彩ります
 休憩。初子様宅のおもてなしで、お腹と喉を潤します
 交差点での激練り。やっぱ祭りはこうじゃなくっちゃ

 このようにして、夢のような、嵐のような3日間が過ぎて行きます

祭りが終わって

 凧揚げ会場がある遠州灘は、アカウミガメの産卵地としても有名です

 祭りの次週日曜日、「ウエルカメ・クリーン大作戦」と称し、ボランティア約8000人が集まり、大掃除をします。今年もたくさんのアカウミガメが来ますように ゴミを拾いながら浜松人は、もう来年の祭りの事を想っています

 そーれ!ヤイショ!ヤイショ!来年は’ぱ組’が浜松祭りを席巻だー。ヤイショ!ヤイショ!


 (注:浜松祭りは町単位の参加となっておりますが.....)



[戻る]